生協・共済加入

安心への備え 共済・保険等

生協加入とあわせて「安心」への備え
龍大生協では万が一の際にも、学業を続けられるように3つの制度への加入をおすすめしています。

安心1
学生総合共済
共済は学生どうしのたすけあいの制度です。
1年間の掛金【生命共済】14,400円
主な保障内容
病気・ケガ 入院保障 入院1日目から200日まで保障 日額10,000円
手術保障 日帰り手術も対象となります 1回の手術につき日額50,000円
ケガ 特定傷害固定具保障 ケガで固定具を装着した場合 1事故のついて定額20,000円
上記の他に【ケガによる通院保障】【後遺障がい保障】【本人死亡保障】【父母扶養者死亡特約】等がございます。

たすけあいの制度により
749件
たすけあいの制度により 6,126万円以上
共済金の給付がありました。

(2017年3月~2018年2月)

共済金内訳
● 本人の病気・ケガによる給付は(本人死亡・後遺障がい含む)
731件 47,862,000円
● 父母扶養者死亡での給付は
18件 13,400,000円
給付総額
61,262,000円
※上記給付実績は2018年度までの保障制度により支払われた実績も含まれています。

文学部 吉田圭佑
大学へ入学し少しずつ大学生活に慣れ始めた5月頃、僕は鼠径ヘルニアという病気になってしまいました。突発的に発症し、医者に言われた時、「どうして自分が?なぜこの時期に...」と思ってしまい、非常に落ち込んでしまい、バイトや学校の授業に影響がないだろうか、無事に手術を終えられるだろうか、などと精神的に不安になりました。入院した中で心配だったのはやはり医療費でした。高額であったので親に申し訳ないという気持ちでいっぱいでしたが、金銭面に加え、そういった精神面においても生協の生命共済に加入していたので非常に助けられました。大学生になると自由になりできることも増えますが、その分危険も増えます。そういった事態に備えて共済に入っておくことをおすすめします。さらに、生協は給付の申請手続きが非常に簡単なので利用しやすいといった点もおすすめです。

文学部 朧谷大智
龍谷大学に入学する前の私は、親元を離れて一人暮らしをするにあたって、ケガや病気、事故がとても不安でした。そのことを両親と相談し、念のために共済に加入することに決めました。ですが私は、共済がどのようなものか漠然としてよくわからないまま加入をしました。それから入学して5ヶ月ほど経ち、すっかり大学生活に慣れ始めた頃、ケガは突然やってきました。所属している野球サークルの試合中に、打球が右目に直撃してしまったのです。治療の影響で自転車の運転をしてはいけなかったので、徒歩で30分かけて通院したので授業に出れない日があったりして困ってしまいました。しかもタイミングの悪いことに、通院と新学期の教科書販売、電車の定期券の更新などと時期がかぶってしまい、下宿生活の私にはとても手痛い出費でした。しかし共済に加入していたことで、ありがたいことに共済金の給付を受ける事ができました。ケガや病気、事故が起きた時の共済はとても心強いなと痛感しました。私の身にはいつ何が起こるかわかりません。「もしも」は起こるものと考え、共済に加入することをオススメします。

お子さまがスポーツ事故にあわれた母親
まさか使うことはないだろうと思いながら、本当に「お守り」のつもりで加入しましたがお世話になることになり驚いています。突然の出費は痛手でしたが、共済金の給付があるのは安心です。共済とはこのようなものだと痛感しております。ありがたかったです。

お子さまが交通事故にあわれた父親
長期間の入通院は精神的にも大変ですが、経済的負担も大きいです。事故病気に遭うことを誰も想定してはないが、人間であるかぎり可能性は十分にあります。民間の保険に比べて掛金も少ないので、安心料として学生皆に加入させるくらいが結果的に本人にとっても利益ではないでしょうか。

学内にある生協のお店だから、学生本人でも気軽に相談・手続きができて安心です

一般の保障制度と違い、相談・手続きは学内にある生協で学生本人でも行っていただくことができます。ケガや病気の報告、共済金の給付申請手続きや保障内容についてお気軽にご相談ください。共済証書が手元になくても大丈夫!授業の合間に生協にお越しいただければ生協スタッフが親身に対応します。

こんな時ケガ、病気、事故

安心2
学生賠償責任保険
学生賠償責任保険は『共済』では保障できない他人への法律上の賠償事故をカバーするための保険です。急増している自転車事故も保障します。
1年間の保険料【一人暮らし特約なし(19H)】1,800円

支払限度額・保険金額
個人賠償責任保障※1 個人賠償責任保障※1
日常生活での他人に対する賠償責任を保障
・教育実習中に誤って生徒にケガをさせた
・就業体験先のノートPCを落として破損させたなど
1事故最高3億円まで
(情報機器等の記録情報の事故は500万円を限度とします)
※示談交渉サービス付
19H ポイント1
自転車乗車中に他人をケガさせたり 他人の財物を壊した場合 1事故最高3億円まで 保障します
19H ポイント2
実験・実習中に発生した加害事故や医療実習中に発生した事故による院内感染の予防措置・治療の 費用を保障します
19H ポイント3
インターンシップ中またはアルバイト中の 賠償事故も保障します
※1下記のような場合は保険金をお支払いできません。
○自動車、バイク(原付を含む)による第三者への賠償責任 ○スポーツにおける参加者間の賠償責任(法律上での賠償責任が発生しない場合) ○大学の管理責任下での賠償責任(法律上個人に責任がない場合)

一人暮らしの方は学生賠償責任保険(一人暮らし特約あり)がおすすめです
1年間の保険料【一人暮らし特約あり(19HK)】8,500円
一人暮らし特約あり
借家人賠償責任保障※2 借家人賠償責任保障※2
被保険者の過失により、借用住宅を破損し、貸主(大家)に対する法律上の賠償責任を負った場合を保障
1事故最高1,000万円まで
※示談交渉サービス付
家財保障 家財保障
火災・水ぬれなどによる住宅(敷地内を含む)内の家財の損害を保障
1事故最高200万円まで
破損・汚損保障
不測かつ突発的な事故で被保険者の住宅(敷地を含む)内の家財などが破損・汚損した場合を保障
1事故最高50万円まで
※免責金額1万円
※2下記のような場合は保険金をお支払いできません。
○欠陥、腐食、さび、かび、その他自然消耗などを原因とする損害 ○地震・噴火・津波による損害

19HK ポイント4 一人暮らし特約
借家人賠償責任保障は 1,000万円まで保障します
19HK ポイント5 一人暮らし特約
借家人賠償責任保障は水もれ等による、借用住宅への損害賠償責任を保障します (示談交渉サービス付)
19HK ポイント6 一人暮らし特約
家財保障、盗難保障では火災や水ぬれによる家財の損害、家財や現金・自転車等の 盗難にも対応します
自転車による賠償金額が高額化しています!全国で「自転車保険の義務化」が進んでいます
就職活動・インターンシップ時にも対応する賠償責任保険になっています


安心3
就学費用保障保険
扶養者が病気やケガで死亡したり、ケガで重度後遺障がいを負って学生本人が扶養者に扶養されなくなった場合の学資費用をサポート。
1年目の保険料2025年卒業 学部生2,600円
2023年卒業 短大生1,200円

保障内容(一口加入の場合)
学資費用の保障
右記の費用(実費)を卒業まで毎年保障します
1年間最高25万円まで(定期代・賃借料は口数にかかわらず年間10万円まで)
学生本人が後遺障がいを負った時の保障
「急激かつ偶然な外来の事故」によるケガで後遺障がいを負った場合に保障します
1事故最高10万円まで(後遺障がいの程度に応じて金額が決まります)
ポイント1
入学する大学・学部ごとに異なる学費に合わせて柔軟に設計ができます。
(例:私立文系4口、国立理系3口など)
ポイント2
大学授業料や教科書・教材等のほか、通年定期代・賃借料も対象です。
学資費用の保障とは
●大学に納付する授業料、実験・実習費など ●大学からの指示に基づく教科書・教材などを購入した費用 ●通学のための定期代および一人暮らしの方の家賃・下宿代 (口数に関わらず年間10万円限度)
年間授業料を参考に加入口数を自由に選択できます
※ 2口プランを提案していますが、最大15口までご加入いただけます ※ 卒業予定年までの期間が短くなるにしたがい、2年目以降の保険料は少なくなります
加入口数と保険料 学部生 1年目の保険料 短大生 1年目の保険料 お支払い限度額(年間)
1口の場合 2,600円 1,200円 250,000円
2口の場合 5,200円 2,400円 500,000円
3口の場合 7,800円 3,600円 750,000円
4口の場合 10,400円 4,800円 1,000,000円
龍谷大学 年次学費等
(詳しくは大学資料のてご確認ください。)
学部・学科 学費年間合計(授業料+施設費+実習料等)
文学部 経済学部 経営学部 法学部 1,021,000円
政策学部 1,036,000円
国際学部 国際文化学科 1,076,000円
グローバルスタディーズ学科 1,391,000円
短期大学部 社会福祉学科 1,210,900円
子ども教育学科 1,240,900円
先端理工学部 数理・情報化学 1,512,600円
数理・情報化学以外 1,562,600円
社会学部 1,056,900円
農学部 植物生命学科 資源生物科学科 1,512,600円
食品栄養学科 1,612,600円
食品農業システム学科 1,274,900円


安心4
学生生活110番
学生生活の様々な悩み・トラブルに対して相談・各種機関窓口紹介・トラブル出動サポートを提供しています。
共済・保険とは別のサービスです
「学生生活110番」は全国大学生活協同組合連合会の商品で、ジャパンベストレスキューシステム株式会社がサービスを提供します。
学生生活110番会費4年タイプ 9,450円
2年タイプ 5,670円
ポイント1
24時間365日受付対応のコールセンター
トラブル発生の時刻・曜日に関わらず、24時間・365日受付対応。
ポイント2
少ない会費で大きな安心
多くの皆さまのご加入で、一人一人の負担が少ない金額となっています。
ポイント3
学生家族もサポート
一人暮らし、自宅からの通学、どの学生も安心。さらにご家族も安心。
2つのサービスで安心
①トラブル出動サポート24時間受付
トラブル発生時に出動するサポートです。

水まわりのトラブルサービス
無料※
蛇口の水もれ 排水,下水の詰まり トイレタンクの故障 配管の破損
かぎのトラブルサービス
無料※
玄関 ロッカー,物置 金庫などの開錠
自転車のトラブルサービス
税込1,000円
パンクの修理 カギの開錠 チェーンはずれ ※作業費・出張費・鍵の解錠・パンクのパッチ修理までは税込1,000円に含まれています。
ガラスのトラブルサービス
無料※
不注意によるガラス割れ 突風によるガラス割れ 不審者の侵入によるガラス割れ
自動車ロードサービス
無料※
キー閉じ込め キー製作 ガス欠 脱輪 バッテリー上がり レッカー移動
バイクトラブルサービス
無料※
キー閉じ込め(メットイン) キー製作 U字ロック切断 バッテリー上がり レッカー移動
※作業費・出張費は無料になります。修理に必要な部品は実費になります。※ご希望の時間に伺えない場合があります ※作業によっては、預かり作業となる場合があります。※部品代、ガソリン代は実費負担となります。 ※20㎞を超えるレッカー移動は、500円(税込)/㎞掛かります。※特殊な構造・部品を使用する場合は、作業をお断りする場合があります。

②生活相談電話サポート24時間受付
大学生になると行動範囲が広がり、思いがけないトラブルに巻き込まれる事も少なくありません。一人暮らしの方はもちろん、自宅生の方でも、様々なトラブルに対し、幅広く相談していただける「安心サービス」です。

行政機関・消費者保護団体・大学・各種施設・その他相談窓口のご案内相談事例
●出会い系サイト 高額料金請求など●盗難空き巣など●生協・大学案内●財布の紛失など●各施設の情報提供●奨学金の相談先相談●夜間休日などの病院案内●訪問販売 強引な営業・契約など●ストーカー被害の相談など●ワンクリック詐欺 不当な料金請求など●アルバイト賃金未払いなど●携帯電話 違法サイト画面など

11月5日から
申込み受付開始!

加入申込はこちら
【はじめての方】


 

共済承認番号20-6505-04-20191105

お申し込みはこちら